電話でのご注文 0120-854-014
受付時間/平日 9:00~17:30(土日祝、年末年始を除く)

ようこそ ゲスト様


活きいき便り

1.近づく冬に備えて 「油祝いとけんちん汁」

近づく冬に備えて 「油祝いとけんちん汁」

秋の収穫が終わり、冬支度を始める11月。その15日には、油ものを食べて体力を養う風習があります。11月15日といえば、七五三の日が一般的に知られていますが、この日は「油祝い」とも呼ばれており、東北から関東にかけて古くから親しまれています。

この行事は、もともと餅や植物油を用いた料理を神様に供えて、油の収穫を祝ったものが始まりでした。その後、冬の時期に、寒さに備えて油分のある食べ物を多く摂り、体力を蓄えておこうという、冬ごもりへの準備の願いに変わっていったと考えられます。

油祝いの行事では、天ぷらやきんぴらごぼう、なすの油炒めなど、さまざまな油料理が供されますが、中でも、「けんちん汁」は欠かすことができません。この頃は、野菜の収穫が終わる時期でもあり、畑で穫れたばかりの、ビタミンやミネラル、食物繊維の豊富な野菜が揃っています。
けんちん汁はそれらを入れて作ります。また、豆腐を油で炒めることで、良質な脂質とたんぱく質を同時に摂取することができます。山菜類を加えると、一層味わい豊かになる上に、食物繊維やミネラルを、より豊富に取り入れることができます。

油祝いは、寒い冬を乗り切るために、先人たちが暮らしの中から見つけた知恵ということができます。

けんちん汁
だいこん、にんじん、ごぼう、里芋、こんにゃく、豆腐をごま油で炒め、出汁と醤油を加えて煮込んだ汁。味噌仕立てのけんちん汁もあります。名前の由来は、定かではありませんが、神奈川県鎌倉市にある建長寺の修行僧が作っていたため、この寺の名前がなまってけんちん汁になったという説が有力です。
けんちん汁

2.「ウコンの力 レバープラス」のご紹介

ウコンの力 レバープラス

リニューアルした「ウコンの力 レバープラス」と
新登場「ウコンの力 レバープラス プラチナ」のご紹介!

「ウコン素材(3種のウコンエキスとクルクミン)」と「肝臓エキス」の2つのパワーで大好評の「ウコンの力 レバープラス」が10月16日にリニューアル。そして、さらに肝臓エキスを増量した「ウコンの力 レバープラス プラチナ」も新発売! ウコン飲料をよく飲む方の乾杯やパーティーの楽しさと、今日と明日の元気をサポートするレバープラスシリーズをご紹介いたします。

肝臓エキスが250mgへ増量

価格はそのままに、従来品より肝臓エキスを50mg増量。ウコン特有の土臭さと苦み、肝臓エキス独特の臭みを抑えた、さっぱりとした飲み口です。

2つのパワー入り!
ウコンの力 レバープラス

ウコンの力 レバープラス


清涼飲料水
1ケース:30本(6本入×5) 容量:1本/100ml
一般価格9,720(税込10,498円)
ご注文はこちら!

【原材料名】果糖ぶどう糖液糖、秋ウコンエキス、肝臓エキス(豚肉を含む)、紫ウコンエキス、春ウコンエキス、食塩/酸味料、増粘多糖類、ウコン色素、甘味料(アセスルファムK、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、香料、イノシトール、ナイアシン、乳化剤、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2

シリーズ史上最高の「ウコンの力」

1本に3種類のウコンエキス(秋ウコン、紫ウコン、春ウコン)や、ビサクロン、クルクミンなど、様々な成分を配合。肝臓エキスは300mgと、シリーズ史上最高の配合量で、新たにドクダミエキス、甘草エキスを配合し、ウコン飲料をよく飲む方の元気をサポートします。
※ウコンの力シリーズにおいて、最多種類のエキスを配合。

ウコンの力 レバープラス PLATINUM

ウコンの力 レバープラス
PLATINUM(プラチナ)


清涼飲料水
1ケース:30本(5本入×6) 容量:1本/50ml
一般価格16,680(税込18,014円)
ご注文はこちら!

【原材料名】果糖ぶどう糖液糖、秋ウコンエキス、肝臓エキス(豚肉を含む)、紫ウコンエキス、ドクダミエキス、春ウコンエキス、食塩/酸味料、香料、ウコン色素、甘味料(甘草エキス、アセスルファムK、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、増粘多糖類、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2

3.ハウス食品グループはおかげさまで創業104周年

お客様センター日記

ハウス食品グループはおかげさまで、創業104周年。
これからも「食」を通じて、皆様にエールをお届けします!

いつもハウスの商品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。皆様に支えられ、ハウス食品グループは11月11日で【創業104周年】を迎えます。

この機会に、少しハウスの歴史を紹介させてください。ハウス食品グループの物語は大正2年、大阪で創業した『浦上商店』という薬種問屋から始まります。その当時の扱い品目である和漢生薬は、カレー粉に含まれるスパイスと共通しているものも多く、そこからカレーの研究と開発がスタートし、「バーモントカレー」や「ククレカレー」などのヒット商品が誕生しました。

その後ハウスの歩みは、ウコンをはじめとするスパイスだけでなく、カレーに欠かせない食材である玉ねぎ、そして乳酸菌やビタミンなどの研究や開発に発展していきます。こうした試行錯誤を重ね、商品化したのが「活性ウコン」や「タマネギの力」といった健康食品。自然の恵みを活かして、お客様の健やかな暮らしに貢献したい…そんな想いから生まれたハウスダイレクトの自信作です。

ご縁を大切に、感謝の気持ちを込めて。いま一度これまでの歩みを振り返り、皆様に笑顔と健康をお届けできるよう、私たちも“笑声”でがんばってまいります!
これからもハウスダイレクトをどうぞ、よろしくお願いいたします。

4.私が夢中になったテレビドラマ

毎月変わるテーマでトーク 皆様とつくる、お便りコーナー

今月のテーマ「私が夢中になったテレビドラマ」

胸を打ったドラマ、気になったドラマ。皆さんは、どんなドラマが印象に残っているのでしょうか。さっそくお便りをご紹介しましょう。

昭和の時代劇

水戸黄門・銭形平次は、時代劇全盛期の昭和のお茶の間を賑やかし、庶民の活力の源として人気を博した番組です。昭和の時代を思う時、番組から得られた人間味あふれる場面の数々は、今でも鮮明に思い出されます。懐かしい時代よもう一度!

東京都/宮寺 忠康 様
勧善懲悪の世界。胸がすーっとしましたよね。

主役の活躍が痛快!

私は先天性の心臓病で中学時代、部活に入れず毎日帰宅していました。毎日16:00から始まる「おれは男だ! 」を見ていました。主役の森田健作さん(千葉県知事)の活躍が痛快でした。今でも青春の思い出です。その後手術し、今は元気です。

東京都/佐藤 勝久 様
ドラマがパワーをくれたのでしょうか。元気になってよかったですね。

国民的ドラマでした。

NHKの朝ドラ「おしん」です。涙なしでは見られない展開に釘付けになり、毎朝高校までダッシュで始業に滑り込みセーフでした。「国民的ドラマ」でしたよね。

大阪府/井上 由美 様
けなげなおしんの姿に日本中が涙しましたね。

「高校教師」にクギ付け

真田広之さん、桜井幸子さん共演の1993年放送の「高校教師」です。衝撃的なストーリーに当時15歳(中3)だった私は、毎週放送時間になるとCMになるまで、息をするのも忘れるくらいクギ付けで見ていました。最終回の時、中盤から放送終了後、寝るまでずっと涙が止まらず、翌日目を真っ赤にはらして学校に行ったことを今でも覚えています。本当に、とてつもなく印象深いドラマでした。

愛知県/榊原 景子 様
社会的にも注目されたドラマでしたね。俳優さんたちの熱演、すごかった!

主人公のまねをして

高校時代に毎週欠かさず視聴し、買って食ったこともないコンビーフと牛乳を一緒に食して、木暮修になりきっていた事を、今も覚えており、時代を感じるドラマであった。

東京都/狼少年ケン 様
「傷だらけの天使」ですね。萩原健一さん、かっこよかったですね。

英語の勉強にも

最近夢中なのは、キャッスルです。海外ドラマなのですが、面白いことは万国共通だなと実感できるドラマです。ちょっぴり英語の勉強にもなるかなと思い、楽しく見ています。

栃木県/H・K 様
海外ドラマは、国内のドラマと違った世界観があって引き込まれますよね。

切ない顔に涙、涙…。

日曜21時からの「ごめん、愛してる」。孤児院で育った律(長瀬智也さん)が実母(大竹しのぶさん)に会いに行くと、律が差し伸べた手を「近寄らないで!」と振り払う母。その時の律の切ない顔に涙、涙… 。いつも口をへの字に曲げている憎らしい母を演じる大竹さん。女優さんってスゴイ!

神奈川県/K・H 様
最近のドラマですね。やはり切ない表情は涙を誘いますよね。

戦時中も夢を追いかけ

2002年のお正月に2夜連続で放送された「愛と青春の宝塚」は、藤原紀香さん、木村佳乃さん、米倉涼子さんらが、戦時中も夢を追いかけ、宝塚をたくましく守り続けた感動のドラマでした。それがきっかけで宝塚ファンになり、歴史ある宝塚に足を運んでいます。

愛媛県/鏡島 媛 様
清く正しく美しく。由緒ある宝塚の舞台。華麗ですよね。

「ウルトラマン」の最終回

巨大ヒーローは言わずもがな、登場するメカの格好良さ、バルタン星人などの悪役怪獣も魅力的でした。ウルトラマンが宇宙恐竜ゼットンに敗れて宇宙の彼方M78星雲に帰って行く最終回。寂しさと虚脱感で見終わり、フラフラ表に出てみたら、近所の子供達が外で夜空を見上げていたのが記憶に残っています。

岡山県/カメちゃん 様
昭和の少年少女はみんな観ていました。放送翌日はウルトラマンごっこでしたね。

悪を取り締まる痛快時代劇

火付盗賊改方長官・長谷川平蔵、通称鬼平の活躍。原作者、池波正太郎の見事な作品です。一番の魅力は何と言っても殺陣にあります。次に物語の展開、時代描写、人間模様etc.数え上げれば切りがありません。

兵庫県/T・M 様
原作、俳優、演出…すべてがそろって、魅力あるドラマになっていくんですね。

肌寒く感じる日々が増えてきました。寒い日が続くと、身体も心も縮こまってしまいます。でも寒い時期だからこそ楽しめる事ってありますよね。空気が澄んで星がキレイに見える季節だから満点の星空を観察したり、露天風呂を楽しんだり…。そこで今月は寒い時期だからこそ、してみたいことというテーマで、お便りを大募集! 掲載は2018年2月号になります。採用された方には「ハウス食品グループの商品詰め合わせセット」をもれなくプレゼントします。

いつもハウスダイレクトをご利用いただき、誠にありがとうございます。ハウスの会報誌「活きいき便り(毎月発行)」では、毎月ご愛用の皆様の元気なお声やご意見・ご質問をお待ちしております。
ぜひ、お気軽にお便りをお寄せください。スタッフ一同、皆様からの元気なお便りをお待ちしております。

今月募集のお便りはこちらです!
お便り① ② ③、どれでもお好きなものをお選びください。

  • ①テーマに沿ったお便り!

    「活きいき便り」皆様とつくるお便りコーナーの、今月募集のテーマはこちらです。
    掲載は2018年2月号になります。

    寒い時期だからこそ、
    してみたいこと
    上記テーマの締切日
    2017年12月15日まで
  • ②あなたの元気自慢

    毎日元気にお過ごしの皆様の様子を教えてください。趣味のスポーツ・旅行・サークル活動など…何でもOKです!お写真も大歓迎、元気なお便りお待ちしてます。
    ※後日、ご訪問の上インタビューさせていただく事がございます。

  • ③商品へのご質問

    日頃ご利用いただいているハウス健康通販商品へのご質問を、どんな些細な事でも構いませんので、ぜひお気軽にお寄せください。

お便りのご応募はこちら!

ご応募には「お客様番号」が必要です。
>「お客様番号」の確認はこちら(ログインが必要です)

【ご注意】

募集お便りには応募締め切り日がございます。締め切り日を過ぎるとせっかくお便りをいただいても掲載されませんのでご注意ください。
●お寄せいただいたお便りは、会報誌「活きいき便り(毎月発行)」で、お名前(匿名)とともにご紹介させていただく場合がございます。
また、文章掲載については、スペースの都合上一部手直しさせていただく場合もございます。

本誌に採用された方には、もれなく素敵な
「ハウス食品グループ詰め合わせセット」を
プレゼントいたします!!

※プレゼントの詰め合わせ内容は予告なく変更させていただく場合がございます。

5.【糸崎編集長の今月のこぼれ話】芸術の秋に行ってみたい美術館

このコーナーでは、季節に合わせて、編集長の糸崎が気になる場所やイベントをご紹介いたします。

芸術の秋に行ってみたい美術館

全国には、さまざまな美術館があります。
今回はちょっと珍しい美術館をご紹介しましょう。

掛川市ステンドグラス美術館(静岡県)

19世紀イギリスのヴィクトリア朝時代の作品約70点と、フランスのバラ窓10点を展示しています。
本来は、教会の高い窓の装飾として使用されていたステンドグラスですが、ここでは実作品を視線の高さで見ることができます。

タオル美術館ICHIHIRO(愛媛県)

タオルに関するさまざまな文化を紹介する施設。タオルアートやタオルコレクションなども楽しめます。芝生と季節の花々に彩られた、広大なヨーロピアンガーデン、レストラン、カフェも人気です。

高尾山トリックアート美術館(東京都)

京王電鉄高尾線・高尾山口駅前徒歩1分のところにある高尾山トリックアート美術館。絵画技術を駆使して、訪れる人を不思議な世界に誘います。ビデオカメラやデジタルカメラでの撮影もOK。エジプトやサファリ、雲の上など、遊び心あふれるトリックアートの世界が存分に楽しめます。

すみだ北斎美術館(東京都)

現在の墨田区出身と言われる葛飾北斎。墨田区と北斎のゆかりや、北斎の代表作品、エピソードなどがたっぷりと学べます。北斎アトリエの再現模型では、露木為一が残した絵を元に再現された等身大の模型があり、当時の雰囲気を味わうことができます。

鳥取砂丘 砂の美術館(鳥取県)

鳥取砂丘の砂と水だけを使用して制作された、砂の彫刻「砂像」を展示する美術館です。「砂で世界旅行」を基本コンセプトに、毎年、テーマをかえて世界中の都市や歴史の展示を行っています。毎回世界中から砂像彫刻家が集まり制作に携わり、質の高い作品が生まれていきます。

活きいき便り バックナンバー