電話でのご注文 0120-854-014
受付時間/平日 9:00~17:30(土日祝、年末年始を除く)

ようこそ ゲスト様


活きいき便り Vol.79 4月号

1.春の楽しみ 「行楽と駅弁」

春の楽しみ 「行楽と駅弁」

季節はまさに春爛漫。いよいよ行楽シーズンの到来です。この季節、ご家族やお仲間で、遠出をするという方も多いのではないでしょうか。

旅といえば鉄道。明治初期に新橋~横浜間に汽車が登場して以来、鉄道は急速に発展し、日本人もさまざまな場所に移動できるようになりました。そこで登場したのが「駅弁」です。駅弁の起源には諸説ありますが、1885年(明治18年)7月16日に栃木県の宇都宮駅で販売された“おにぎり”が最初であるという説が有力です。

駅前で旅館業を営んでいた白木屋の斎藤嘉平氏が、梅干し入りのおにぎり2個とたくあん2切れを竹の皮に包み、5銭で販売したところ人気を得たのだそうです。

また、現在のように折り箱に入った幕の内風の駅弁としては、1890年(明治23年)に姫路駅で販売されたものが最初といわれています。

駅弁が登場してから100年以上。今では、日本各地に工夫を凝らした駅弁がたくさん生まれています。

例えば、新潟の「えび千両ちらし」は卵焼きが一面に敷き詰められただけの駅弁。しかしその卵焼きをめくると、エビやウナギ、コハダやイカなどの海産物がたっぷりと詰め込まれており、目を楽しませてくれます。神戸や芦屋で購入できる「ひっぱりだこ飯」は、タコ壺型の陶器の中に真ダコとアナゴ、そして季節の野菜が盛り付けられた駅弁です。仙台では、本格的な牛タンが楽しめる「厚切り芯たん弁当」が人気です。米沢の「牛肉どまん中弁当」は山形新幹線開業に合わせて開発された牛丼風の駅弁。山形県産米「どまんなか」をふっくら炊き上げ、特製のタレで味付けした牛そぼろ煮をのせた駅弁は、山形県のみならず全国で人気の駅弁となっています。

行楽の楽しさに彩りを添える駅弁。ご当地のおいしさをたっぷりと味わいながら、旅を満喫したいものですね。

2.やっぱり花より団子!?お花見と楽しい屋台グルメ

お客様センター日記

やっぱり花より団子!?
お花見と楽しい屋台グルメ

ようやく日中は過ごしやすい気温となってきましたね。これからの時期はやっぱりお花見!有名なお花見スポットには焼きそばなどの屋台も多く出ていますが、皆さんお気に入りの屋台はありますか?

私のお気に入りは「ミルクせんべい」です!ただ、驚いたことに知名度はそこまで高くないようで、友人に話したところ「それ何?」といった表情でキョトンとされてしまいました。(^^;)

ミルクせんべいとは、赤・黄・青などの色がついた薄いせんべいに練乳を挟んで食べるお菓子です。せんべい自体はふわふわした食感で味はあまりないのですが、甘~い練乳をたっぷり挟むことで、やみつきになる美味しさなんですよ♪

屋台では、まずお金を払ってくじを引き、くじの結果でせんべいの枚数が3枚、5枚、10枚などと変わるお楽しみ要素もあります。

調べてみると、練乳を塗って食べるのは大阪ならではの食べ方で、関東ではソースせんべいと呼ばれており、梅ジャムを塗って食べるのが一般的なのだとか。悲しいことに最近はミルクせんべいの屋台を見かけることも少なくなってきたのですが、大阪のお祭りで見つけられた時はぜひ食べていただきたいです!

また余談ですが、最近ではチヂミやケバブ、小籠包といった海外からの食べ物屋台もよく見かけます。とても美味しそうですが、食べ過ぎには要注意ですね。(笑)

ついつい花より団子なお話になってしまいましたが、平成最後の1ヶ月、皆さんもお出かけや趣味などで楽しんでみては、いかがでしょうか♪
(今月の担当:北口、三上)

3.皆様おすすめのお花見スポット

毎月変わるテーマでトーク 皆様とつくる、お便りコーナー

今月のテーマ「皆様おすすめのお花見スポット」

花の便りが届く季節となりました。
今回は皆様おすすめのお花見スポットをご紹介します!

お花見ウォーキング

近くの河川敷の公園に100本の桜並木があります。見事な桜を地域の人達と一緒に見る為“お花見ウォーキング”を毎年実施しています。ウォーキングの前にラジオ体操をしてから一列に並んで4km程歩きます。歩いた後は桜の木の下でお弁当を食べ、お花見を満喫しています。

香川県/藤川 和子 様
とても健康的なお花見!ご近所にそんな素敵なところがあるなんてうらやましいです!

全国の花見スポット

印象に残る全国の花見スポットは次の3つです。それぞれに違う桜のいろんな姿が見られると思います。「角館武家屋敷(秋田県)」「信州高遠の桜(長野県)」「造幣局桜の通り抜け(大阪府)」。

北海道/今村 浩史 様
全国のお花見スポットへお出かけなのですね。
今年はどちらへ行かれるのでしょうか?

神田川の桜がきれいです

椿山荘の近くから眺める桜、絶景です。あまり知られていないようで人は多くありません。混まないという点からも、とても良いお花見スポットではないかと思います。4歳になったばかりの娘と毎年春になるとそこでお花見するのが楽しみです。去年はイヤイヤ期で大泣き、左手に娘を抱え右手にベビーカーを持ち、暴れる娘と必死に帰りました。さて今年はいかに?!

東京都/須賀 千鶴 様
東京の穴場的スポットですね。お子様との思い出を育みながら、今年も楽しんでくださいね!

鹿児島の丸岡公園、おすすめです!

私は福岡県に住んでいますが、桜のシーズンになると、鹿児島県の丸岡公園に行っています。ここは公園が高台になっており、約2000本の桜の後方には霧島連山が一望でき、本当にすばらしい景色を堪能することが出来ますよ。

福岡県/funako 様
2000本の桜と霧島連山!?とても贅沢な風景ですね。
日本には美しい風景がたくさんあるのですね。

満開の桜と競走馬

皆さんこんにちは!初投稿になります♪私のおすすめのお花見スポットは、JRA阪神競馬場です。3月下旬から咲き始め4月上旬まで桜が楽しめます。競馬場内は満開の桜でいっぱい!お花見も兼ねて競馬観戦をする人も結構いますよ。
また、満開の桜のもと競走馬が疾走する姿は美しい!私も、今年は行く予定です♪

兵庫県/M・N 様
初投稿ありがとうございます。桜吹雪の中を競走馬が駆け抜ける姿、見事でしょうね。

大宮公園の桜です!

私の地元さいたま市大宮区では、昔から大宮公園の桜が有名です。多くの参拝者が訪れる「武蔵一宮氷川神社」に隣接し、約1000本の桜が咲き乱れ、毎年多くの花見客で賑わいます。「日本さくら名所100選」にも選ばれ、自慢できる公園です。因みに、小学校一年生(60年ほど前)の時の遠足では、徒歩で大宮公園に行きました。

埼玉県/匿名希望 様
小学生の頃から親しまれている公園なのですね。
約1000本とは、すごいですね。

通勤途中の桜並木

私のお花見スポットは、毎日の通勤で通る農免道の桜並木です。8年前の震災が起こる前は、ほとんど走る事のなかった道路なのですが、一般道が通行不可能となり高台の農免道が通勤道路となりました。春に満開の桜並木を通ると、普通に生活している現在にとても幸福を感じます。

岩手県/たかたのばあば 様
まさに、その通りですね。「普通のことが一番幸せ」ということを忘れないようにしたいです。

ズバリ「芝公園」です!

増上寺や東京タワーを散策してからのお花見は格別です。是非一度行ってみてください!!

東京都/匿名希望 様
歴史を感じさせる増上寺と首都東京のシンボル東京タワー。全国からたくさんの人が集まりますね。

ちょっと気が早いかもしれませんが、夏休みの予定は立てていますか?夏の旅行の定番と言えば海と山。皆様は今年、どちらに行きたいですか? そこで今月は夏の行楽、あなたは海派それとも山派?その理由と魅力を語ってください。というテーマで、お便りを大募集!掲載は2019年7月号になります。採用された方には「ハウス食品グループの商品詰め合わせセット」をもれなくプレゼント!

いつもハウスダイレクトをご利用いただき、誠にありがとうございます。ハウスの会報誌「活きいき便り(毎月発行)」では、毎月ご愛用の皆様の元気なお声やご意見・ご感想をお待ちしております。
ぜひ、お気軽にお便りをお寄せください。スタッフ一同、皆様からの元気なお便りをお待ちしております。

今月募集のお便りはこちらです!
お便り(1) (2) (3)、どれでもお好きなものをお選びください。

  • (1)テーマに沿ったお便り!

    「活きいき便り」皆様とつくるお便りコーナーの、今月募集のテーマはこちらです。
    掲載は2019年7月号になります。

    夏の行楽、
    あなたは海派それとも山派?
    その理由と魅力を
    語ってください。
    上記テーマの締切日
    2019年5月15日まで
  • (2)あなたの元気自慢!

    毎日元気にお過ごしの皆様の様子を教えてください。趣味のスポーツ・旅行・サークル活動など…何でもOKです!お写真も大歓迎、元気なお便りお待ちしてます。
    ※後日、ご訪問の上インタビューさせていただく事がございます。

  • (3)商品へのご感想

    日頃ご利用いただいている商品へのご感想を、ぜひお聞かせください。

お便りのご応募はこちら!

ご応募には「お客様番号」が必要です。
>「お客様番号」の確認はこちら(ログインが必要です)

【ご注意】

募集お便りには応募締切日がございます。締切日を過ぎるとせっかくお便りをいただいても掲載されませんのでご注意ください。
お寄せいただいたお便りは、会報誌「活きいき便り(毎月発行)」で、お名前(匿名)とともにご紹介させていただく場合がございます。
また、文章掲載については、スペースの都合上一部手直しさせていただく場合もございます。

本誌に採用された方には、もれなく素敵な
「ハウス食品グループ詰め合わせセット」を
プレゼントいたします!!

※プレゼントの詰め合わせ内容は予告なく変更させていただく場合がございます。

4.一生に一度は行ってみたい“絶景”スポット!

このコーナーでは、季節に合わせて、編集長の糸崎が気になる場所やイベントをご紹介いたします。

一生に一度は行ってみたい“絶景”スポット!

いよいよ春本番。ゴールデンウィークも間近ですね。
今回は、一生に一度は行ってみたい“絶景”スポットをご紹介します。

秋芳洞あきよしどう大鍾乳洞(山口県美祢みね市)

日本最大規模として知られている鍾乳洞。中にはいくつもの皿が重なっているように見える「百枚皿」、富士山のような形をした鐘乳石「洞内富士」、つららのように垂れ下がる鍾乳石「傘づくし」などがあり、自然の神秘を堪能できます。

古宇利こうり大橋(沖縄県今帰仁村なきじんそん

今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島(やがじしま)を結ぶ全長1960mの橋。通行無料の橋としては、日本で二番目に長い橋となります。美しいエメラルドグリーンの海が両側に広がる絶好のドライブコースとなっています。

神威かむい(北海道積丹しゃこたん町)

ニセコ積丹小樽海岸国定公園にある岬。海岸線に沿って伸びる国道229号線がドライブコースとしても人気です。「積丹ブルー」と呼ばれる爽やかな海色、さまざまな奇岩・大岩が目を楽しませてくれます。駐車場から先端部までの遊歩道「チャレンカの道」は徒歩約20分です。

白根山湯釜(群馬県草津町)

白根山は標高2161メートルの活火山。山頂にある直径300メートル、水深30メートルの火口湖が湯釜です。付近には弓池や湿原があり、季節の風景が楽しめます。また、トレッキングルートも整備されています。
(火山の活動状況により閉鎖される場合もあります。)

血の池地獄(大分県別府市)

別府は温泉の名所。さまざまな奇観を呈する自然湧出の源泉を「地獄」と呼んでいます。中でも観光客の目を引くのが、赤い色をした熱泥の池「血の池地獄」。真っ赤に染まった池は、まさに地獄を想像させる迫力です。池のそばには足湯が設けられています。