電話でのご注文 0120-854-014
受付時間/平日 9:00~17:30(土日祝、年末年始を除く)

ようこそ ゲスト様


活きいき便り Vol.81 6月号

1.試行錯誤を重ねて「雨とさくらんぼ」

試行錯誤を重ねて「雨とさくらんぼ」

本格的な梅雨のシーズンとなる6月。この頃は、さくらんぼが旬を迎えます。

世界のさくらんぼ栽培の歴史は意外と古く、ヨーロッパでは紀元前から栽培されていたと言われています。また、中国では五経のひとつである「礼記」に記述があることから、3千年前には、栽培されていたと考えられています。

現在のさくらんぼの元となる甘果桜桃が日本にもたらされたのは明治元年。ドイツ人のガルトネルによって北海道に伝えられました。その後、栽培は一旦全国に広まりますが、山形以外の地域では、ほとんどが霜害、梅雨、台風被害のために失敗し、栽培は定着しませんでした。山形盆地は、周囲を高い山に囲まれていたため、梅雨時期の降水や台風の影響が少なかったのが、その理由と考えられています。

現在、さくらんぼの中でも人気が高い品種は「佐藤錦」です。この佐藤錦の生みの親は山形県東根市の佐藤栄助氏です。栄助氏は、明治の終わり頃、株投資に失敗し家業(醤油醸造)を廃業。家屋敷を整理し松林を開いて、さくらんぼの栽培を手がけていました。産地として唯一残った山形でしたが、収穫期がどうしても梅雨と重なり実が割れてしまうことや、果実そのものの日持ちがしないという大きな難点があり、生産量は伸び悩んでいました。しかし、好奇心が旺盛な栄助氏は、そんな現実に悲観することなく、熱心に栽培研究に打ち込み品種改良に没頭しました。「梅雨で実が割れない。日持ちがする。おいしい。これらを同時に叶えるさくらんぼを」。試行錯誤の中、栄助氏は、保存は効かないがとても甘い「黄玉」と、酸味は多いが果肉が固く日持ちがいい「ナポレオン」に着目し、その掛け合わせを始めました。交配でできた実から苗をつくり、よいものを選んで育て、初めて結実をみたのは大正11年のこと。掛け合わせに本格的に取り組んでから15年余りの月日が経っていました。

現在、さくらんぼは全国生産量の約7割が山形県産となっています。ジューシーで甘みたっぷりのさくらんぼ。その宝石のような輝きには、長い年月をかけて取り組んだ農家の熱い情熱が込められているのです。

2.6月の第3日曜日は父の日ですね

お客様センター日記

6月の第3日曜日は父の日ですね。
母の日に贈るカーネーションのように、父の日にも定番の花があることをご存じですか?

父の日には黄色いバラや、ひまわりを贈ることが多いそうです。
日本では素敵な父親とされた著名人にベスト・ファーザーイエローリボン賞を授与しているため、「お父さん=黄色」のイメージがあるのだとか。
黄色は、光や太陽をイメージさせる色なので、いつも家族を優しく見守ってくれているお父さんにピッタリですね!
とは言ったものの、私は父に花束よりもネクタイなどを贈ることが多いです。

毎年何を贈るか迷いますが、今年は梅雨の時期にあわせて、お手入れ方法を添えて傘をプレゼントすることにしました!傘のお手入れ方法は意外と簡単なんですよ。

❶タオルで拭き、水気をとる
❷陰干しでしっかり乾かす

たったこれだけ!
帰宅したらすぐ傘を拭いて、空スペースに広げて置いておくのがオススメです。
また、傘が雨を弾かなくなってきたら、乾いた傘にドライヤーで少しずつ温風を当ててみてください。そうすると、雨を弾く力が復活します。
傘の寿命は3年といわれていますが、きちんとお手入れすれば長持ちしますよ。大切に使っていると愛着がわき、電車などでも忘れにくくなるかもしれません。

皆様も今年の父の日に、傘のプレゼントはいかがでしょうか。また、自分のためにとっておきの傘を見つけてみるのも楽しいですね。
お気に入りの傘を見つけて、1年に1度の梅雨の時期を楽しみましょう♪
(今月の担当:小畑・村本)

3.雨期をウキウキ楽しく過ごす!私の梅雨の過ごし方

毎月変わるテーマでトーク 皆様とつくる、お便りコーナー

今月のテーマ「雨期をウキウキ楽しく過ごす!私の梅雨の過ごし方」

6月に入ると梅雨のニュースが気になりますね。
この時期、皆様はどのように過ごされるのでしょうか?さっそくお声をご紹介しましょう!

梅雨の風景を写真に

毎年、庭に多くの植木を植え、花を咲かせます。5~7月ごろですと、紫陽花、桔梗、ナデシコ、ホタルブクロ、ツユクサ、ユリ、ラベンダー他が咲きます。蝶やてんとう虫、アオガエルなども出てきて、賑やかになって風情もでます。
写真が趣味ですので、例えば紫陽花に雨があたって、カエルがチョコンと葉に隠れているところを、パチっと撮ったりします。晴れている時の写真も良いですが、風情の観点からいうと葉や花に雨があたっているところが好きです。雨の日でも毎日のように、カメラを持って庭で楽しむのが、私の梅雨の過ごし方です。

千葉県/細谷 輝夫 様
ファインダーから見える雨の景色。
みずみずしい生命感に満ち溢れて、素敵でしょうね。

つばめの巣作りを見守ります

毎年梅雨の時期に、楽しみにしていることがあります。それは「つばめの巣作り」を見守ることです。窓から見える軒先に、つがいのつばめが、巣の材料となる泥やワラ、植物の茎を一生懸命に運び、巣作りに励んでいます。つがいで雨宿りをしたり、雨で水浴びしている様子を見るのも、またかわいく楽しみです。巣の完成をウキウキ、ワクワクした気持ちで見守っています。

新潟県/近藤 麻由美 様
とても微笑ましいですね。つばめ達が懸命に生きている様子から元気をもらえますね。

考えを変える!

考えを変えるようにしています。庭で育てている野菜の恵みの雨だと思うようにしています。土砂降りの日はベランダの掃除をします。デッキブラシでこすって水道代の節約です。

福島県/白井 美佐子 様
野菜もすくすく育ち、ベランダもきれいになり、ご自身も楽しくなる。一石何鳥にもなりますね。

梅雨が大好き

私は、梅雨のど真ん中生まれという事もあり梅雨(雨)が大好きです。ですが生まれた日当日はと言うと、梅雨の合間の晴れの日でとても蒸し暑い日だったそうです。そんな日に、母には頑張ってもらいました(笑)。雨の日に出かけることも大好きな私は、ビニール傘を使用しています。傘の中から空を見上げ、落ちてくる雨を眺めることが好きなのです!!おかしな人…と思われるかもしれませんが、ぬれずに雨を全身で感じることができます。(歩きながらは、止めてくださいね!)

山口県/下田 由美 様
ビニール傘の中から空を見上げて、落ちてくる雨を眺めるというのは、とても楽しそうですね。

自分の時間を楽しんで

車の運転ができないので自転車でチョロチョロすることが少なくなります。特に外出する用事がなければ、徒歩圏の図書館に行って大好きな推理小説を借りて読みふけります。
梅雨時期は、洗濯物の悩みもありますが普段なかなか自分の時間がとれないのでちょっと贅沢な時間を過ごして、梅雨を楽しんでいます。

神奈川県/匿名希望 様
慌ただしく過ぎる毎日、大変ですよね。梅雨が貴重な時間をもたらしてくれるというわけですね。

雨は農作物の恵み

私は小さな庭園を作っています。そういうこともあって雨は農作物の貴重な成長に欠かせないもの。余り降られても困るが、適当な量の雨は天からの恵みである。夏に、その成果を家族みんなで味わうのが何よりの楽しみである。そろそろ、土作り苗作りなどを進める時期を迎えており、心が今からウキウキしています。
本当に“雨降って野菜成る”である。

宮城県/後藤 輝弘 様
晴天も雨も、農作物に必要な恵みですね。
今年もおいしい野菜ができるといいですね。

肝をすえて雨を楽しむ

雨期をウキウキ楽しく過ごす…。“今日は雨を楽しもう!!”と決めて、楽しみます。窓にあたる雨の流れをじっと見るとか、水たまりを探して長ぐつを履いて入ってみるとか。屋根の水がどんな風に流れ落ちるのか、などなど…。肝をすえて“楽しむ”と決めると、楽しいと思えます。

大阪府/匿名希望 様
気持ち次第で、普段は気づかないさまざまな雨の様子が見えてきそうですね。

じめじめした梅雨もそろそろ終わり。楽しい夏に向けて気分を上げていきたいですね!ということで今回のテーマは、最近あった小さな幸せな出来事。「買い物のスタンプが集まった」「失くし物が出てきた」など、些細な出来事でもOK!身近に起こった幸せな出来事を教えてください。掲載は2019年9月号になります。採用された方には「ハウス食品グループの商品詰め合わせセット」をもれなくプレゼント!

いつもハウスダイレクトをご利用いただき、誠にありがとうございます。ハウスの会報誌「活きいき便り(毎月発行)」では、毎月ご愛用の皆様の元気なお声やご意見・ご感想をお待ちしております。
ぜひ、お気軽にお便りをお寄せください。スタッフ一同、皆様からの元気なお便りをお待ちしております。

今月募集のお便りはこちらです!
お便り(1) (2) (3)、どれでもお好きなものをお選びください。

  • (1)テーマに沿ったお便り!

    「活きいき便り」皆様とつくるお便りコーナーの、今月募集のテーマはこちらです。
    掲載は2019年9月号になります。

    最近あった
    小さな幸せな出来事
    上記テーマの締切日
    2019年7月15日まで
  • (2)あなたの元気自慢!

    毎日元気にお過ごしの皆様の様子を教えてください。趣味のスポーツ・旅行・サークル活動など…何でもOKです!お写真も大歓迎、元気なお便りお待ちしてます。
    ※後日、ご訪問の上インタビューさせていただく事がございます。

  • (3)商品へのご感想!

    日頃ご利用いただいている商品へのご感想を、ぜひお聞かせください。

お便りのご応募はこちら!

ご応募には「お客様番号」が必要です。
>「お客様番号」の確認はこちら(ログインが必要です)

【ご注意】

募集お便りには応募締切日がございます。締切日を過ぎるとせっかくお便りをいただいても掲載されませんのでご注意ください。
お寄せいただいたお便りは、会報誌「活きいき便り(毎月発行)」で、お名前(匿名)とともにご紹介させていただく場合がございます。
また、文章掲載については、スペースの都合上一部手直しさせていただく場合もございます。

本誌に採用された方には、もれなく素敵な
「ハウス食品グループ詰め合わせセット」を
プレゼントいたします!!

※プレゼントの詰め合わせ内容は予告なく変更させていただく場合がございます。

4.ゆったりする図書館、おしゃれな図書館をご紹介

このコーナーでは、季節に合わせて、編集長の糸崎が気になる場所やイベントをご紹介いたします。

ゆったりする図書館、おしゃれな図書館をご紹介。

雨のニュースが気になる時期になりました。こんな時期は図書館で、のんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。今回はゆったりする図書館、おしゃれな図書館をご紹介します。

秋田市国際教養大学 中嶋記念図書館(秋田県)

国産の秋田杉をふんだんに使用した伸びやかな空間。ローマの円形競技場のような半円のデザインが大きな特徴です。大学の学生は24時間365日利用が可能です(一般の利用者は利用時間に制限があります)。

太田市美術館・図書館(群馬県太田市)

「ものづくりのまち太田の駅前に賑わいを取り戻そう」「太田駅に人が集う場所を」との思いからつくられたスポット。蔵書数はたっぷり3万冊。小さなお子様から年配の方まで楽しめるよう、バラエティに富んだラインナップです。

北九州市立中央図書館(福岡県)

大分県出身の建築家・磯崎新氏の設計により1975年に開館した図書館。天井の開放的なアーチが特徴で、そのモダンな造りから、映画のロケ地にも使用されました。ガラス張りのスロープからは、小倉城が見えます。

北区立中央図書館(東京都)

旧陸軍の赤レンガ倉庫を利用して建てられた図書館。「長く居られる図書館」としてその工夫が随所に施されています。例えば車椅子の方に配慮し、本棚の高さは低めに設定。また閲覧席は室内だけでなく、屋外のテラスにも設置されています。

金沢海みらい図書館(石川県)

2011年に開館した公共図書館で「世界で最も美しい公共図書館」のひとつに選ばれています。建物で特徴的なのが、6千個の円形窓。ほどよい採光を求めて、100パターン以上ものサンプルの中から選ばれました。