電話でのご注文 0120-854-014
受付時間/平日 9:00~17:30(土日祝、年末年始を除く)

ようこそ ゲスト様


活きいき便り Vol.91 4月号

1.心華やぐ季節に 桜を食べる

心華やぐ季節に 桜を食べる

日本の春を代表する花といえば桜。奥ゆかしくも華やかな桜の花には、今も昔も日本人の心を魅了する力が秘められているようです。日本人はこの花を、春の食卓や祝いの席にも取り入れる工夫をしてきました。

例えば、春に捕れる真鯛は「桜鯛」、駿河湾で春や秋に捕れるのは「桜えび」。タコを炊き込んだご飯は「桜飯」とも呼ばれます。いずれも春に旬を迎えたり、ほんのりと桜色を帯びていることから、そう呼ばれてきました。さらに、鯛は「めでたい」、えびは「腰が曲がるまで長生き」、タコは「多幸」につながることからもこれらの食材・料理は縁起が良く、卒業や入学、旅立ち、結婚などの祝いの席によく出されてきました。

結婚や結納の席に、無くてはならないのが桜湯です。桜の花の塩漬けの塩を払い、湯飲みに入れてお湯を注ぐと、桜の花が晴れの良き日を祝うかのように開いていきます。桜は山の神が降りてくる時に目印にするとされています。また、一生を決める大事な時に、その場だけ取り繕うという意味の「茶を濁す」という言葉は縁起が悪いとされることから、お茶の代わりの飲み物として桜湯が用いられたことなどが、今につながっていると言われています。

春の和菓子として欠かすことができないのが桜餅。桜色に色付けした餅を桜の葉の塩漬けで包みます。この桜餅ができたのは江戸時代。隅田川堤近くに店を構える和菓子店の創業者が作り、売り出したのが最初と言われています。その頃の書物によれば文政7年(1824年)に漬け込んだ葉は77万5千枚。餅一つに2枚使うとして38万7千5百個もの桜餅を作ったという計算になり、桜餅がいかに人気だったかということが分かります。関東では小麦粉生地、関西では道明寺粉生地が主流です。

日本人には、切っても切ることができない特別な花・桜。桜に込められた思いを感じながら、一つ一つを、おいしくいただきたいものですね。

2.花の色が珍しい桜

お客様センター日記

花の色が珍しい桜

暖かくなって活動的になるこの季節。「冬の間、縮こまっていた体を動かしたい!」という思いが湧き上がってきました。せっかくなので、桜を見ながらウォーキングを楽しみたいと思い、桜が咲くスポットを調べてみたところ、珍しい桜を発見したのでご紹介します♪

まずは「御衣黄(ギョイコウ)」

咲き始めは淡い緑色ですが、徐々に中心部から赤みを帯びるとても綺麗な桜です。緑色の時期は、花と葉が同化して見えるので、近くで見るのがおすすめ。

続いて数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色い花を咲かせる「鬱金桜(ウコンザクラ)」

淡い色合いのため一見地味に見えるかもしれませんが、満開の鬱金桜は上品かつ華やか。こちらも盛りを過ぎると赤みを帯び、「幸せを呼ぶ桜」とも言われているそうです。

どちらの桜も開花時期が4月中旬から下旬と遅めなので、ソメイヨシノやしだれ桜を見終わったあとに、もう一度桜を楽しめます。鬱金桜は全国に27本と希少ですが、御衣黄は沖縄を除く100ヶ所以上で見られるのだとか。両方とも、東京の「新宿御苑」や大阪の「造幣局」で見ることができるので、意外と近くにあるかもしれません。ウォーキングをする際は少し注意してみようと思います。

皆様も、まずはお散歩気分で桜を楽しみながらお出かけをされてみてはいかがでしょうか?日頃から運動をされている方はちょっと足をのばして、ハイキングなどを楽しまれても良さそうですね。その際はぜひ、咲いている桜の種類にも注目すると新たな発見があるかもしれません。(今月の担当:小畑・村本)

3.一生忘れられない!? 心に焼きついた桜の風景?

毎月変わるテーマでトーク 皆様とつくる、お便りコーナー

今月のテーマ「一生忘れられない!? 心に焼きついた桜の風景」

春といえば桜。今回は、皆様の心に残る桜の風景を聞いてみました。さっそくご紹介します。

彼女と見た賀茂川(広島)沿いの桜並木

手作り弁当を持ってきてくれた彼女と近所の川の土手に座って、二人だけのお花見。料理教室で習ったという「鯖の竜田揚げ」が美味かった。いろいろありましたが、彼女と今年で結婚31年目を迎えました。これからもよろしくお願いします。

千葉県/T・K 様
結婚以来、一緒にお二人で同じ桜を見てきたのでしょうか?32回目の桜も素敵な風景になるでしょうね。

花をつけない小さな桜の木

25年前に亡くなった母が、新築の庭にと親戚から頂いた膝くらいの高さの桜の木が2本あります。枯れずにいてくれていますが成長が良くないようで、これ迄に一度もつぼみをつけたことがありません。「人生そんなに甘くないよ」と、母から言われているような気がして、これを機にしっかり育てようと思っています。花をつけない小さな桜の木…これが私の心に焼きつづけている桜の風景です。

福岡県/坂本 頼一 様
お母様と坂本様をつなぐ大切な桜なのですね。満開となる日が楽しみですね。

空の上からお花見していると良いな

2013年の春、例年以上に桜が綺麗に咲き誇り、その景色を写真に収めて入院中の大好きな祖母に見せました。「来年こそ見に行こうね!!」と話していましたが、それは叶わず…。祖母は間もなく天国へと旅立ちました。
今でもあの綺麗な景色を思い出すとしんみりします。空の上からお花見していると良いな。

茨城県/石川 藍 様
ほんとに大好きだったのですね。きっと空の上から石川様のことを見守ってくださっていますよ。

故郷の八幡宮参道の桜はすばらしい

子年に母は、満開の桜の中、末っ子として私を生んだ。満開のたびに母に連れられてお参りをした。年月は過ぎ、私の息子も一緒にお参りした事もあったなぁ。高齢になって、すっかり身体が小さくなった母をおんぶして、石段を上がったなぁ。病室ベッドに造花の桜を飾ってあげた時もあったなぁ。
今度の故郷帰りは、子年生まれの孫と一緒にお参りしようかな。すばらしい桜を観に。

大阪府/三澤 正 様
お母様と桜の思い出、とても素晴らしいお話ですね。お孫さんとのお宮参りも楽しみですね。

父と一緒にながめた最後の桜

岡崎城(岡崎市)の桜。父が亡くなる前に、桜が見たいと言われ車椅子を押して人混みの中を連れて行きました。岡崎城を背にした、見事な満開の桜。父と一緒にながめた最後の桜は一生忘れられません。

愛知県/坂田 宗成 様
格別な桜の風景だったのですね。お父様も楽しまれたことでしょうね。

福岡県朝倉市の甘木公園

通称「丸山公園」として、地元はもとより広く知れ渡っています。約60年前の小学生時代の6年間、新学期恒例行事の遠足の場として満開の桜トンネルの一角で学友と弁当を食べながら眺めた桜は、何年経っても想い出ある自慢の桜です。
特に中央に広がるようにひょうたん池を囲む4,000本が満開に咲き乱れ水面に写った桜は、健康を増進してくれます。お互いに励まし合う「友人桜」です。

福岡県/H2O 様
「友人桜」とは素敵な表現ですね。多感な時期の感動は大人になっても残りますね。

天気の良い日に傘を持って!

今から30年前、私が幼稚園に通っていた頃の話です。幼稚園の帰り道にあった、田町のモノレール下での満開の桜が忘れられません。
天気の良い日に、母が傘を2本持って幼稚園にお迎えに来てくれました。二人で「せーの!」と言って傘を逆さに開いて、風が強く吹く桜吹雪の中、二人で一緒に傘で桜を拾い集めたのを覚えています。当時、私達を見て道行く人が笑顔で見守ってくれていた温かいその眼差しも未だに覚えています。
あれから30年経った今、幼稚園生の娘と一緒に同じ様な事が私に出来るかと言うと自信無いですが、一生懸命育ててくれた母に感謝の気持ちでいっぱいです! 母との大切な思い出です。

東京都/須賀 千鶴 様
なんと、桜の花びらを集めるための傘だったのですね。とても楽しそうな思い出ですね。

小田原城の桜と山中城跡の桜

1日ツアーで行った、上野からバスで小田原城、その後昼食を芦ノ湖のホテル、その後山中城跡に行きました。とくに山中城跡と富士山と桜のコラボはすばらしかった。その年は、もう桜は充分という気分でした。

東京都/K・O 様
とても贅沢な桜ツアーでしたね。今年はどんなツアーに参加されるのでしょうか?

4月に入り日中は汗ばむ陽気となってきました。今年も暑さの厳しい夏になりそうですね。夏は、梅干・豚肉・酢などを摂ると良いそうですが酷暑を乗り切れるよう、しっかり食事を摂りたいものです。そこで今月は酷暑を乗り切る!私のスタミナ料理というテーマで、お便りを大募集!
掲載は2020年7月号になります。採用された方には「ハウス食品グループの商品詰め合わせセット」をもれなくプレゼントします。

いつもハウスダイレクトをご利用いただき、誠にありがとうございます。ハウスの会報誌「活きいき便り(毎月発行)」では、毎月ご愛用の皆様の元気なお声やご意見・ご感想をお待ちしております。
ぜひ、お気軽にお便りをお寄せください。スタッフ一同、皆様からの元気なお便りをお待ちしております。

今月募集のお便りはこちらです!
お便り(1) (2) (3)、どれでもお好きなものをお選びください。

  • (1)テーマに沿ったお便り!

    「活きいき便り」皆様とつくるお便りコーナーの、今月募集のテーマはこちらです。
    掲載は2020年7月号になります。

    酷暑を乗り切る!私のスタミナ料理
    上記テーマの締切日
    2020年5月15日まで
  • (2)あなたの元気自慢!

    毎日元気にお過ごしの皆様の様子を教えてください。趣味のスポーツ・旅行・サークル活動など…何でもOKです!お写真も大歓迎、元気なお便りお待ちしてます。
    ※後日、ご訪問の上インタビューさせていただく事がございます。

  • (3)商品へのご感想!

    日頃ご利用いただいている商品へのご感想を、ぜひお聞かせください。

お便りのご応募はこちら!

ご応募には「お客様番号」が必要です。
>「お客様番号」の確認はこちら(ログインが必要です)

【ご注意】

募集お便りには応募締切日がございます。締切日を過ぎるとせっかくお便りをいただいても掲載されませんのでご注意ください。
お寄せいただいたお便りは、会報誌「活きいき便り(毎月発行)」で、お名前(匿名)とともにご紹介させていただく場合がございます。
また、文章掲載については、スペースの都合上一部手直しさせていただく場合もございます。

本誌に採用された方には、もれなく素敵な
「ハウス食品グループ詰め合わせセット」を
プレゼントいたします!!

※プレゼントの詰め合わせ内容は予告なく変更させていただく場合がございます。

4.花の美しいスポットをご紹介

このコーナーでは、季節に合わせて、ハウスダイレクトスタッフが気になる場所やイベントをご紹介いたします。

花の美しいスポットをご紹介

吹く風も心地よく感じる季節となりました。どこかへふらっと出かけてみたくなりますね。
今回は全国の花の美しいスポットをご紹介します。

星ヶ山公園 さつきの郷(神奈川県小田原町)

相模湾を見下ろす標高814mの高台にある星ヶ山公園。5月下旬から6月上旬にかけて5万株のさつきが花を咲かせます。青い空と海、赤やピンクのさつきが描く美しいコントラストが見事。期間中は臨時バスも運行されます。

葛城高原(奈良県御所市)

大阪府と奈良県の境にある標高959mの葛城山。その山頂に葛城高原が広がります。山頂まではロープウエイで。15分ほど歩いた先には、大阪平野が見渡せる360度のパノラマが広がり、眼下に「一目百万本」と称されるつつじの群生が広がります。

大森リゾート村(秋田県横手市)

旧スキー場斜面8千平方メートルに、約20万株の芝桜。赤・白・ピンク・紫の色を活かして、敷地に美しいアートが描かれます。遊歩道が整備されており、芝桜を間近で楽しむことができます。5月中旬から下旬頃まで楽しめます。

横浜町 菜の花畑(青森県横浜町)

東京ドームおよそ30個分という広大な敷地に広がる菜の花畑。西側には陸奥湾と釜臥山(かまふせやま)を望むことができます。菜の花畑の中に入ることができる「菜の花大迷路」は子ども達に大人気。5月16日(土)5月17日(日)には、「菜の花フェスティバル」が開催されます。

四季彩の丘(北海道美瑛町)

5月上旬からチューリップやパンジーなどが咲き始め、10月下旬まで四季折々の花が次々と咲き誇ります。園内を巡るトラクターバスやカートも運行。7ヘクタールの丘に咲く花は、圧巻です。