電話でのご注文 0120-854-014
受付時間/平日 9:00~17:30(土日祝、年末年始を除く)

ようこそ ゲスト様


ハウスのこだわり

明日への健やかなくらしを応援したい

生き生きとした健康を。

そんな思いを社名に込めたハウスウェルネスフーズは、1957年より武田薬品・食品部門の一翼を担っていた事業を継承し、2006年にハウス食品グループの一員として誕生しました。

「明日への健康なくらしに奉仕する」を企業理念に掲げ、さまざまな製品を通じて、お客様の元気をお手伝いしたいと考えています。

もっとカラダに良いものを、もっとおいしく摂ってもらうために。

ビタミンを中心とした「栄養」と、スパイスを主役に置いた「活力」、そして乳酸菌HK L−137をメインにした「維持」という、私たちがこだわり続けている「3つのチカラ」を軸に、ハウスの知恵を結集させた発想豊かな製品で、明日への健やかなくらしを応援します。

ハウスウェルネスフーズのR&D体制高品質なモノづくりは健康とおいしさのために

素材Material

食品衛生法などの法律で定められた規格の遵守はもとより、独自の厳しい安全基準となる規格も設定しています。
調達した原材料は徹底調査のもと、アレルギー表示の要否確認を行っています。

生産Production

製品の企画から開発まで、生産に関わる全てのプロセスで徹底した品質管理を行っています。
品質保証を高めるための人材教育で、技術取得や技能継承を推進。高いスキルを持つ人材育成のための教育計画が構築されています。

研究Research

専門の研究開発部門を有し、全ての食品生産に精度の高い分析に基づく研究結果が適用されています。
食品素材の徹底的な研究で、新しい製品の開発につながる発見や、品質向上に役立つ成果を生み出しています。

ハウスウェルネスフーズの歩み

1957年~2010年

1957年11月

武田食品工業株式会社設立

1984年1月

武田薬品工業より一般家庭用製品の営業移管を受け生産・販売一貫体制となる

1999年4月

武田薬品工業株式会社より強化米「新玄」「炊きたてカルシウム」、医薬部外品「アリナミンドリンク」(食品チャネル)の仕入販売開始

生産部において「いの一番の製造」に関して、ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得(登録日:1999年4月1日)

9月

ホームページ「おはようページ」開設

2002年4月

武田キリン食品株式会社に「いの一番」「だし本番」を営業譲渡

武田薬品工業株式会社より強化米事業の譲渡を受け、生販一貫体制となる

2004年1月

伊丹工場「PET飲料生産ライン」新設工事完成

4月

伊丹事業場においてISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
(登録日:2004年4月16日)

12月

インドネシア DJC社と業務提携

2005年9月

飲料ライン「総合衛生管理製造過程」の承認・登録

12月

武田食品工業株式会社の飲料・食品事業について、ハウス食品株式会社と業務提携

2006年3月

伊丹事業場及び委託先ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得

4月

ハウスウェルネスフーズ株式会社設立

2007年12月

伊丹工場「ミニボトル缶生産ライン」完成

2008年3月

台湾 統一超商と業務提携

2009年12月

乳酸菌加熱菌体L-137研究発表

ISO14001ハウス食品グループ統合認証取得(全事業所対象)

2010年2月

C1000 ブランド20周年

女子栄養大学との産学連携を調印

4月

イギリス Tetley社と業務提携

2011年~

2011年3月

台湾にて「HK L-137(乳酸菌加熱菌体)」シンポジウムを開催

5月

伊丹工場「強化米製造設備」リニューアル

7月

ハウス食品株式会社がタイ現地法人のオソサファフーズ社との合併会社「ハウスオソサファフーズ株式会社」を設立

2013年4月

当社ケアフード製品をハウス食品株式会社に事業移管

10月

ハウス食品グループの持株会社体制への移行に伴い、ハウス食品の健康・美容食品商品が事業移管となる

11月

韓国 Newtree社を通じ、「ウコンの力」輸出販売開始

2014年5月

ラクトプラン L-137 ハウスダイレクト通販にて発売

2015年3月

「ビサクロン」を含む秋ウコンエキスの二日酔い改善作用を臨床試験で確認(3月28日「日本農芸化学会2015年度大会」にて発表)

2015年5月

ハウス食品(中国)投資を通じ、中国で「ウコンの力」発売